新規登録 ログイン

yukinagiの作詞作品

19 件中 119 件を表示中
定期的に顔を出す「だ、である調」使用欲。自分を奮い立たせる言葉を沢山込めたけど、果たして誰かには届くだろうか
yukinagi 投稿 - 1日と13時間前 更新 - 1970/01/01 Comments 51 Views
半年ほど漬けていた梅酒を、今日レモンと炭酸で割って呑みました。そんな酔った頭で書いた詞です。美味しかった
yukinagi 投稿 - 3日と13時間前 更新 - 1970/01/01 Comments 36 Views
疲れてしまった自分へ。生きていけることに早く気付け
yukinagi 投稿 - 4日と4時間前 更新 - 1970/01/01 Comments 23 Views
あまりに儚い秋から、あまりに気高い冬へ。綺麗な日本語を使いたかった…ちょっとだけ最後に注釈。
yukinagi 投稿 - 5日と13時間前 更新 - 1970/01/01 Comments 53 Views
あなたはご存知でしたか。ご存知ならば、きっと人間に向いている。
yukinagi 投稿 - 1週間と2日前 更新 - 1970/01/01 Comments 44 Views
夕さり少女の恋は暮れゆく。
yukinagi 投稿 - 1週間と3日前 更新 - 1970/01/01 Comments 30 Views
たられば。自分の脳みそから居なくならない同性愛の感情。言葉にして漸く苦しんでいる自分に気付くなら、言葉はきっとそういうもののためにあるんですね。※認める…したためる
yukinagi 投稿 - 1週間と5日前 更新 - 1970/01/01 Comments 55 Views
・− →モールス符号、君と僕、正面から見た光の丸と側面から見る光の筋、主観と客観、みたいなことを考えて出来たのがこちら。つ、伝われ…
yukinagi 投稿 - 1週間と5日前 更新 - 1970/01/01 Comments 26 Views
さぁ、ぶっとんでいこ
yukinagi 投稿 - 2週間前 更新 - 1970/01/01 Comments 52 Views
タイトルと一番最後の歌詞がちょっとお気に入り。今までの反動で可愛さと狡さ満点の歌詞が書きたかった、などと供述しており
yukinagi 投稿 - 2週間前 更新 - 1970/01/01 Comments 31 Views
誰を好きになっても一つになれるわけでもなく、読心出来るわけでもなく、血が繋がるわけでもない、それなのに恋という言葉が廃れない理由は何なんだろう
yukinagi 投稿 - 2週間と1日前 更新 - 1970/01/01 Comments 39 Views
一年程前、大好きなバーの料理人さんが癌かも知れないということをこっそり私に打ち明けた日に自分でも戸惑うくらい号泣して、不安定になりました
yukinagi 投稿 - 2週間と1日前 更新 - 1970/01/01 Comments 37 Views
前向きな良いものが出来上がった気がします。もっと正しい呼吸の出来る場所へ行こう。新年早々ひょんなことからギターを頂いたんですが、アパート暮らしで練習するにはやはりスタジオ借りるか河原とかに行った方が良いんでしょうかねぇ
yukinagi 投稿 - 2週間と2日前 更新 - 1970/01/01 Comments 53 Views
呼べば君が振り向く それがこんなにも
yukinagi 投稿 - 2週間と4日前 更新 - 1970/01/01 Comments 88 Views
振り向いてってんじゃない 恋い焦がれろってんだ
yukinagi 投稿 - 2週間と6日前 更新 - 1970/01/01 Comments 40 Views
生きるか死ぬかの淵でしか迷えない僕に三番目の答を差し伸べて
yukinagi 投稿 - 2週間と6日前 更新 - 1970/01/01 Comments 49 Views
何も考えず5分くらいで出来たもの。少年が恋する少女が、少女であるのは一瞬。
yukinagi 投稿 - 3週間と1日前 更新 - 1970/01/01 Comments 40 Views
雁字搦めの恋だけが、本物に見える
yukinagi 投稿 - 3週間と1日前 更新 - 1970/01/01 Comments 30 Views
初投稿です。迂路、虚、そして白と黒
yukinagi 投稿 - 3週間と3日前 更新 - 1970/01/01 Comments 49 Views