新規登録 ログイン
ぜんめい
yukinagi 投稿 - 2021/01/31 更新 - 2021/03/21 3 Comments 276 Views
good投票
celerytk77enseikanSken
あなたの胸郭のどこかに
きっと今も僕がいて
鼓動の揺り籠で眠ってる

嗚呼 月には顔があったのね
夜は皮肉に勇ましく
どんな思い出も饒舌にはしない

弓を引くように出逢ったのは
硝子の街角の誘蛾灯
笑っていた
涙の出ない人の泣き方をしていた


春はレコードのように擦り切れる
この優しい感情を
あなたに気付かされたかった


嗚呼 飛ぶには翅が折れている
夜は健気に逃げていく
どんな救い方も間に合わない

煙草は有害のわりに
まだ微笑みのようにくゆる
タグ : [ 編集 ]

3 Comments

enseikanenseikan
2021/02/11
読んで泣きそうになりました
言葉の力ですね
ありがとうございました
自分もまた頑張って書きます
enseikanenseikan
2021/02/11
連投すみません
し という漢字初めて知りました
鳥や虫の羽なんですね
すごく普段から読書されてるんだろうなあ
若いのにご立派です
yukinagiyukinagi
2021/03/21
enseikanさん→コメントありがとうございます!!翅はハネと読んだりツバサと読んだりするそうです。「使わなさそうだけどなんか綺麗な言葉」集めが好きなので、忘れないうちに詞にしてアウトプット図ろうとするときも…。未知の日本語ってほんっとに沢山ありますよね。私も精進します。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録