新規登録 ログイン
然のあるか阿蒙の頻り
asakist 投稿 - 1週間と5日前 更新 - 1週間と5日前 0 Comments 0 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
集いのすぎわいを連ねて
けわい取る穢身は嗤う

裳裾を静引く手まさぐり
繋ぎの影降るを覚ゆ

みなもとたるや
かりそめたるや
うろ抱いて
光端の飛燕廻る

稲妻の雲間泳ぐを
在るとして星河は垂り
生き得るをその茫漠を見遣らせ
異なり


中有の跳ね魚がひたりと
吐き散らす木霊は祝詞

いどこをそこはかと喰ろうて
繋ぎの影伸ぶを妬む

せんしんなるや
いっしんなるや
主立つを
なにもせずに終わるものか

日で飾る星の戯言
然のあるか阿蒙の頻り
もんどりを打つ空の骨軋ませ
もがいて


見渡せば世界のうらら
こんなにも生きるは至り
高鳴りよそのみなもとを抱くのは
違いの腕

稲妻の空劈くを
在るものと星河は爆ぜり
きらめきよその索漠を携え
事生り
タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録