新規登録 ログイン
私の口で粘着く唾液
asakist 投稿 - 2週間と5日前 更新 - 2週間と5日前 0 Comments 0 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
青銅の燭台が
照らす葡萄酒

交わす宴

栗毛巻く少年の
腹から取り出す

馳走の腑

赤々として
臭みの薄い
柔き肝臓
客人に取り分けよう
私の口で
粘着く唾液
若き心臓
そっと口付けよう


それは詩世を駆ける
吟遊詩人

さえ詠えぬ

天上を追われ堕つ
天使が孕んだ

死の甘露

濁り始めた
二つの瞳
前にして食む
解体される少年
人が人たる
所以などない
命は欲を
わずかに埋める食物

黒々として
唯美しい
私の中身
いつか誰かへ饗する
その日までさあ
貪食しよう
次なる獲物
きっと待ち受けよう
タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録