新規登録 ログイン
その時僕は、見るのでしょう。
asakist 投稿 - 3週間と4日前 更新 - 3週間と4日前 0 Comments 0 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
喉を、静かに、塞いで。
息を、求めて、踠いて。
やがて、意識は、薄れて。
そこで、両手は、いつも力、

失って。

目醒めて、何も変わらぬ部屋。
白紙のままで、埋まらぬ手記。
文字でも、張れぬ虚勢などに、
価値など僕は、見出せずに。

悪夢が視たい。
希望の夢が。
脳も傅く、極彩の死の夢が。
命が視たい。
この心臓が。
停まる刹那に、広がるという、
その光景が。


薄い、刃物を、握って。
浅い、傷痕、創って。
乾く、洋筆先、突き立て。
湧いた、洋墨は、赤く黒く、

滴って。

この侭、全て流れたなら、
その時僕は、見るのでしょう。
僕など、死んで残った血の、
只々乾く、その景色を。

悪夢が視たい。
希望の夢が。
脳も傅く、極彩の死の夢が。
命が視たい。
この心臓が。
停まる刹那に、広がるという、
その光景が─
タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録