新規登録 ログイン
ひとりあざら
asakist 投稿 - 2週間前 更新 - 2週間前 0 Comments 0 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
秉燭の揺らむ風に
輝る指も赤く

交わし枝の川戸に流す
ただ往けるを見て

ひとりさやか

遠退く面影の
灯り消えて
暗がり見隠す一雫

鳴り返る言葉のをと
持ち余る夜の静降れる雪と紛うほど
積もり際歩みの氷る
のこりかの
心へと留む思惟の無色

かばかりの道をゆけば
夜を過ぐのだと
想うほど沈む胸の有涯


筒袖の暗く濡つ
映す波紋撓む

誰かさえ分からぬ面
手を首へと遣る

ひとりあざら

花色を徒に
寄る辺消えて
流るに紛るる一雫

凍て凍みる手先のゐと
途切れてはならぬ手繰るほど重く引き摺られ
ただ一人貴方を望む
のこりかの
生き恥を偲ぶ冬の死色

かばかりの道をゆけば
朝は来るのだと
想うこそ沈む胸の有涯
タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録