新規登録 ログイン
なし
sabrina_no_hana 投稿 - 4週間と1日前 更新 - 3週間と2日前 2 Comments 0 Views
good投票
mizumizu
夜歩くと
詩人は月をみて
怪談師は霊をみる
町は僕をみて
君は夢をみてる
僕は何もみえない

昨日 道ばたで
月の光 拾った
抱えて帰って
君にみせたら
君は笑いながら
僕を抱きしめた
テーブルには花が飾ってあった

夜歩くと
詩人は風をきいて
道化師は涙をきく
蟲は足音をきいて
君は季節をきいてる
僕は何もきこえない

昨日 道ばたで
ゴミ袋 拾った
ありったけの星が
犇犇詰められてた
とてもあたたかくて
ゴミ袋抱きしめた
白濁の瞳の仔猫がずっとそれを見てた

生暖かな
蜂蜜の
乾いた香りが
夜を包んでる
肌がべたついて
潮風の方へ歩く

僕は何もみえない
僕は何もきこえない
タグ : [ 編集 ]

2 Comments

mizumizumizumizu
3週間と6日前
夜の生暖かいどろっと感と、一筋の光を感じました。
蜂蜜とか白濁とか散りばめられた感性が良い味だしてるなぁと思います!

sabrina_no_hanasabrina_no_hana
3週間と2日前
mizumizuさん
コメント&Goodありがとうございます!
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録