新規登録 ログイン
https://soundcloud.com/user-704944985/vv61lytogwui
Wonder_one_star 投稿 - 2022/08/15 更新 - 3週間と3日前 1 Comments 0 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
廃れた旧国道沿い 雑草が覆い隠した誘導口
峠の途中 それた横道 あなたが言ってた秘密の場所を探しに
古いアルバム 栄えた頃の 面影残し朽ち果てたストアもある
写真の裏の 手書きの地図 この坂を上り切った先だ 間違いない

あなたが語ってた絶景を確かめに来た 
あれからどれほどの時が流れたのでしょう
私がいない世界で あなたが心震わせた景色は 私を迎えてくれるのだろうか
言葉にしたくなかった 最後に泣いたあの日から 見えない力にずつと守られてた
寂しくやりきれない 心細い道のりも
引き返えさないよ どんなときにでもあなたの 笑顔と 願いと 一緒に

ひとりぼっちの昼下がり同士 贅沢なほど時間は有り余ってた
器用な手先の あなたをまねして こしらえた幾つもの宝物 得意げに
私の世界が広がるにつれ 席は一つ 陽だまりが揺れるようになる
後回しで増えていく約束 それでも成長する私をいつも喜んだ

あなたが愛していた世界が大好きだった
隣に座りずっと眺めていた
私とあなたが紡ぐ 色や言葉が 後の私を形づける事さえ 知らないとき まだ…

あなたと見たかった絶景が目の前に広がる
励まされ 背を押され ここまできた
あなたがいない世界で 私の心はつながる あなたが震わせた あの日の心と今
言葉にならなかった 熱くなり押さえた目頭 見えない力にずっと守られてる
自分でも嫌になるほどの 生真面目さで一人の日にも
明日を信じるよ どんな時にでもあなたの 笑顔と 願いと一緒に
タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録