新規登録 ログイン
 
yoshiomi 投稿 - 1週間と2日前 更新 - 1週間と1日前 2 Comments 69 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません



一秒ごとに 締め付けられる
醜い言葉 優しい嘘
はしたない心 軋ませて眠る夜

人は皆 平等なんて言う偽善者ばかりだから
仮面ごと肉をはぎたくなる
あなたもきっと

戒めに甘えてる
これは正しいことじゃないのに
どうして?
安らぎに似た 憎しみが
拙い愛を 嘲笑う

止まない雨が掻き消した
悲鳴と叫びのコントラスト
そうでしょ?
海に埋めた 涙たちが
冷たい氷の刃に変わる

恨み疲れ 憎み続け
脳内まで 浸食されて
理性と野生の狭間を彷徨う

熱を持つ 小さなこの掌から差し出した
命の灯がそろそろ
消えそうよ

戒めを焼き尽くす
錆びた手錠で繋がれた
二人の運命
鈍い音で目を覚ます
干乾びた感情の迷路の中で

冷めた光が 頬をなでる
けだるく のしかかる現実から目を逸らし
狂おしくて愛おしい
思い出をそっと殺した






タグ : [ 編集 ]

2 Comments

kayumakayuma
1週間と2日前
私の見聞上ですが、あまり憎み続けると被害妄想状態になり、身近な人を傷つけてしまい、後悔する結果になるそうです。
yoshiomiyoshiomi
1週間と1日前
kayumaさん
コメントありがとうございます。
おっしゃる通りです。
戒めの意味を込めて書きました。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録