新規登録 ログイン
私のなかの神様を頼ってくる人を、放っておくわけにはいきません。
kayuma 投稿 - 1週間と5日前 更新 - 1週間と4日前 1 Comments 68 Views
good投票
20190520ab
出会った人は 神からのメッセージであるという
今日もまた 地元の商店街の屋台の焼き鳥屋で
出会った子供を連れた若い女性
なんでも 新聞配達をしていた過去があり
中学は二年までしか通っていなかったという
不登校体験者であったという

家はこの近く 聞いてもいないのに
教えてくれた個人情報
私のなかに イエスキリストの救いを
感じたのだろうか

私はなにもしてあげることはできない
ただ 話を受け止めるだけ
それでも アイデンティーが上ったような
気がするのだろうか

大丈夫 神様を信じている限り
きっと助けの道が開かれるわ
目を閉じてお祈りをし
神様 どうか救って下さい
アーメンと合唱すると
笑顔を返してくれた

嗚呼 私と出会った人が
神によって救われ
世間の汚れに染まりませんように
欲望のとりこになりませんように
アーメン


タグ :
[ 編集 ]

1 Comments

kayumakayuma
1週間と4日前
コメント有難うございました。私はブログをしていますが初めのタイトルは「半端クリスチャンの信仰日記」でしたが、神様は人間を完全に創造されませんでした。もしそうなら、自由のない神に従うロボットになっていたでしょうね。一度洗礼を受けると、神はお見捨てにはなりません。だから「幸せクリスチャンの信仰日記」にタイトルを変更しました。まさに「もはや私が生きているのではない。イエスキリストが私のなかに生きている」(ガラテヤ2:22)状態です。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録