新規登録 ログイン
それが今日です
pengin_ 投稿 - 2020/12/25 更新 - 2020/12/25 0 Comments 57 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません

そこから遠くへ行こうか、
なんて言わないでよニャア。
幸せはキスとデスだけど、
そこから離れて目だけを見て。

汚れた髪の夫婦が言った。
「今日は雨が降りそうだ。」
昼下がりの午後。

本当にそうだった。
骨みたいな指で僕を撫でた。
窓際の今日だった。
滴が垂れた、君の顔を舐めたら、
笑った。
本当は今日だった。

凍えた肩を抱いた、
優しさは抜け殻に残った温もり。
優しさはキスとメスだけの
魅力が君にはなかった。

爛れた将来の漠然とした不安にも
この寒さだけは勝てないな。
勝てないな、
昼下がりの午後。

今度は賭けだった。
骨まみれの中で僕を撫でた。
窓際の今日だった。
傷ついた君が、僕に顔を寄せた時、
笑った。
あの顔を忘れない。

それが今日だった。
来年になっても今日だった。


タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録