新規登録 ログイン
好きなところは年齢が醸し出す上品さです
shawa7 投稿 - 2020/02/16 更新 - 2020/02/16 0 Comments 67 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません

 千晶 千晶。。
 なんかいつも顔は合わせるんだけど 僕は僕は
 千晶の眉あたりまでは 見れない。
 すこしだけ君が背が高いから そのせいもあるんだけど。
 そんなんじゃなくて
 とりわけ とくに とくだん
 かわいいと思ってないのに、なんだろうなこの感じは。
 すきだけじゃ伝わりきれないの わかってる。
 声は、かすかにクシャっとしゃがれてて、甘えるのが下手で
 ときおり僕を注意してくれる時の息は
 いいにおいじゃないけど そこがたまらくて 息で思い出せるよ千晶を
 
 10も年上なんだけど 千晶ってよんでいいですか 
 (困りますう)
 おちついてきたら 千晶ってよんでいいですか
 (困りますう)
 もう会えるというタイミングで電話が故障したんだ
 (困りますう)
 
 千晶とは恋人未満 そんなんだから恋人未満
 あまり笑いあってない なんかいつも困らせてるだけの僕
 困りますが口ぐせなわけではなくて
 困りますを言ってる唇がべつに怒ってるふうじゃなくて
 そこに愛おしさ感じてる僕、おかしい変だ
 千晶が横にいるのに近いのに遠くて 
 よって栗色のメッシュは撫でることはできない
  
 
♯千晶困惑
♯自分錯誤
♯千晶困惑
♯自分錯誤
 
タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録