新規登録 ログイン
過去作の「風見鶏、北風に姿勢を正す」の詩を書いてみました。良かったらどちらもみて頂けると嬉しいです。m(。≧Д≦。)m
M1911A1 投稿 - 2020/02/15 更新 - 1週間と4日前 2 Comments 81 Views
good投票
tk77
悲しみと言うのは いつだって居心地の良いものだ
入り浸れた感傷が毎晩無気力に 諦めにもよく似た慰めを囁くから

でも、このままではいけないと思った時 初めて居心地は悪くなる
もうその時からそこはすでに君の、或いは僕の居場所では無くなる

何かを望んでしまったからだ 何かを求めてしまったからだ
何かを変えたいと願ってしまったからだ
そして君はまた旅へ出る 例えば、北風に抗うくらいの強がりを
今こそと、意気込みながら。
タグ :
[ 編集 ]

2 Comments

kayumakayuma
2週間と3日前
悲しみは、生ぬるい風に浸ること。しかし、北風に立ち向かっていくのは、勇気のいること。いつも時代の風に浸っていたいですね。
M1911A1M1911A1
1週間と4日前
kayumaさん ありがとうございます❗

そうですね、僕はメンタルが豆腐で挫けてばかりだから頑張りたいことろです(笑)
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録

News

RSS