新規登録 ログイン
詩を書きました、詠んで下さい。
hikohiko77 投稿 - 2020/02/15 更新 - 2020/02/22 2 Comments 104 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません


魂に浮かんだ魂が 僕を人間に戻していく

魂の奥に有る魂が 僕を扉のとってとしていく

全ての魂が安らぐ地へようこそ

全ての魂が眠るべき地へようこそ

いずれ解る宇宙を魂が燃やし僕を人としていく

いずれ解る宇宙が魂の思いに耽り僕を窓にしていく

悲しみは時に憂いながら夢を観る

歓びは時にききなる想いでをさらす

自分に負けないように 自分に捨てられないように

自分の旅は始まり 自分の旅は帰路につく

それが人の夢なら それが人の思い出なら

魂という傷を埋めて 魂という傷を癒して

僕は僕になる 僕は僕という旅になる

そんな自然が詩を詠いながら

僕が待っていた

僕が待っていた
タグ :
[ 編集 ]

2 Comments

kayumakayuma
2020/02/16
この世はいずれ、終わりを迎えますが、その日まで魂だけは大切に、汚れないまま生きていきたいですね。
hikohiko77hikohiko77
2020/02/22
kayumaさんコメントありがとうございます。魂は永久に普遍でしょうか?大事にしたいですね。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録