新規登録 ログイン
こわい(小並感)
Shigure 投稿 - 1週間と2日前 更新 - 1週間前 1 Comments 46 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません

呪いのように かすれた声で
死に絶えていく幻

今度という今度は 抜け出せると思い

狂った時計の 針を背負って
救いの手を待ち続けた
永遠にまわる この時はいつか
終わりが来ると信じている


前は見えずに 紅く染まる瞳
古傷はまた傷んで

最後の最期まで 見届けると誓おう

傷は癒えず 重くのし掛かる
いくら血を流しても
体を引き剥がし 床に叩きつける
もう動かないと分かっていても


閉められた扉 黒く塗られる窓
希望のカケラはまた消えた
この暗闇の先 何があろうとも
待っているものは光じゃない

もう苦しみも 痛みも感じない
歪んだ心は二度と戻らない
古びた鐘が 音を鳴らす度に
その足音は近付いてくる

今までの「」
タグ :
[ 編集 ]

1 Comments

qon00423qon00423
1週間前
ヒタリヒタリと近づいてくる恐怖をかんじました、、
夜に見るもんじゃないですね!笑
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録

News

RSS