新規登録 ログイン
蒼夜群星と僕の終夏
My_accountn 投稿 - 2019/08/05 更新 - 2019/08/09 2 Comments 174 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
蒼夜の群星を
独り見上げた
8月5日の23時
瞳の中に閉じ込めて
眠るその時だけ視える
僕だけのパラレルタイム

海のように
果てしなく広がる
宇宙も独り占めして
沈んでいく夏を泳ぐ



光彩を形創った
空は色褪せずに
沈んだ街に降る
心の中に詰め込んだ
記憶そのつど視えたら
忘れずにしまっておくよ

海のように
果てしなく広がる
そんな風になれたら
ずっとここにいられるのに…



胸が軋む音が
波と重なった
全てを浚っていくなら
せめて揺らめく陽炎を
この眼に焼き付けたい



終わり告げる
水中蝉の涙声が
どこまでも響き渡って
僕は溶けた夏に消える



水面に透光した
花火をなぞって
呼吸は溺れていく

タグ : [ 編集 ]

2 Comments

12ad54312ad543
2019/08/05
独特な雰囲気ですね。
説明が少ない分文字列で訴えかけてくるものがありますね!
My_accountnMy_accountn
2019/08/09
シカさん、返信遅くなってすみません。
シンプルに書くことで、伝わるのではないかと
勝手に思いながら書きました。
少しでも、伝わってくれたら凄く嬉しいです。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録