新規登録 ログイン
いつでもそこで広がって
asakist 投稿 - 2019/06/11 更新 - 2019/06/11 0 Comments 40 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
星と番う三日月が
白む大地の真ん中で
遠くへ影を伸ばしつつ

渡る風に虫の音が
戦ぐ草原駆けるのは
何処かへ逃げる為じゃなく

自由な空を去く鳥の
声が僕に聞けたなら
自由な空を去く鳥が
自由であるか聞いたろう


ときに香る花散らし
息が切れても休まずに
見えない何か振り切って

転ぶように倒れても
仰げばいつもそこにある
いつでもそこで広がって

自由な空に浮く雲が
雨を降らすその訳を
自由な空に浮く雲へ
問いかけずとも濡れている


朝がやがて赤くなり
いつしか夜が訪れて
知らない朝とまた出逢う

生きるものと生きぬもの
あわいを結ぶ縁へと
宿る心が想うのは

自由な空を見た人は
時に泣いてしまうから
自由な空を見た人は
独りぼっちと気付くから

自由な空を去く鳥の
声が僕に聞けたなら
自由な空を去く鳥が
自由であるか聞いたろう
タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録

News

RSS