新規登録 ログイン
ふと湧いてきたアイデアに楽しみながら書きました!恋がいつも僕たちの味方であってほしいなと思います!
recc_1019 投稿 - 1週間と5日前 更新 - 1週間と5日前 0 Comments 32 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
昔 テレビにかじりつくように憧れた
最強のヒーローはいつでも無敵で

ピンチの時には力を振り絞り
ズタボロの中でまた一段と強くなるんだ

ただの男だと気付いて もう憧れなどずっと遠く
あんなヒーローになれはしない

だけど恋をした
君を見ればどんな障害もなぎ倒して進める
これがあの日見た秘密の実?魔法の水?
7つの光を今なら全てを揃えられる
誰もが恋をすれば最強の戦士になる

小さな願いも 大きな希望も望むだけ
手に入れられる そんな気がした

もう無様な姿で下を向くような
第一話の初めの主人公はもういない

ふいに立ちふさがる 予想すらしなかった敵
戦い方など何も知らない

「信じていいの?」
そう問いかけるもう一人の自分が現れる
最強の戦士ゆえに最強の敵 最悪の時
あの日言い渡された使命さえ消えた
僕は恋をしたから僕の弱さを知った

彷徨う 光と影の境目を
一喜一憂に心は疲弊し
なおも君を知りたくて
君を知るのが怖くて

「あなたに恋してる」
身体の底の底から湧き出る力 君の言葉
それが憧れてた 合言葉? 勇者の剣?
2人が合わさればまた新たな章が始まる
誰もが恋をすれば最強の戦士になる

僕らが恋をすれば無敵の戦士となる
タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。