新規登録 ログイン
ストーリー:娘と二人で眠る夜に亡くなった奥さんとの思い出や一緒に川の字で寝られたらと言ったことを思ったり、娘はいつか自分のところを離れていくんだろうなと言ったことを眠りながら考える父親の話
退会済み 投稿 - 2019/04/14 更新 - 2019/04/16 6 Comments 123 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
満点の 星空の下 君をのせて 船が流れる
眠ってる その吐息が 帆に 風を送ってる

起こさないように そっと 抱えた
その熱が 海に虹を 作り出した
遠くで フクロウが 鳴いている

一緒に 眠る時 心に 誓ったんだ
一生をかけて 守るんだって
世界一 大切な 君を ずっと 離さないって
でも きっと 君は 旅立つだろう
船を降りて 自分の足で
僕の知らない 遠い場所へ

快晴の 太陽の下 あなたがいた 波がさざめく
笑ってる その声が 僕に 元気をくれている

離さないように ぎゅっと 抱いた
その熱が 急に冷えて 手を離れた
遠くに あなたが 消えていく

初めて 会った時 心に誓ったんだ
一生かけて 守るんだって
世界一 大好きな あなたを ずっと 離さないって
でも その日 あなたは 旅立った
伸ばした手は 届かないまま
僕の知らない 雲の向こうへ

夢の 中の オリオン
3人 並んで 眠る夜
君の 奥で 笑ってる あなたと
目があった 気がした

一緒に 眠る時 心に誓ったんだ
一生かけて 守るんだって
世界一 大切な 君を 二度と 離さないって
でも きっと 君は旅立つだろう
船を降りて 自分の足で
僕の知らない 遠い場所へ
自分の 世界を 見つけて
タグ :
[ 編集 ]

6 Comments

recc_1019recc_1019
2019/04/14
ストーリーを明かす良さと悪さもありますね。。
ストーリーがわかっていることでイメージができ、切なさを感じました。一方で、想像の余地がないのは寂しいなと感じました。
作詞なので、作品の中で自分が作ったイメージを伝えながらも、読み手のイメージもどこかで楽しみにするのもいいかなと個人的には考えています。
退会済み
2019/04/15
Delete
コメントありがとうございました。
たしかに、想像の余地を残すことは大切ですね。
仮にこの歌詞をコメントなしで読んだ場合は、想像ができたでしょうか?
コメントに説明を載せるか載せないかは自分の中でいつも迷っているのです。
もしよかったら皆さんの意見を聞きたいです。
recc_1019recc_1019
2019/04/15
物語の可能性の一つとして浮かんでいたかもしれません。
僕は希望されても載せないかもです。
イメージされなかったら、それは自分の力量不足と思ってます。
退会済み
2019/04/15
Delete
コメントありがとうございます。
色々考えるきっかけになりました。
次回の歌詞は一度説明を載せずに投稿してみます。
pond1120pond1120
2019/04/16
このくらいの説明ならば、想像の余地は十分にあると思います。
むしろ丁度いいかもと思いました。

書き手のコンセプトによると思うんですよね。
伝えたいことのパーセンテージというか。
読み手に諸々の解釈を楽しんでもらいたいのであれば、そうゆう言葉のチョイスになると思います。

この設定の説明を含めて、一つの作品として考えても良い気もしますが
私は案外マイナスに作用はしていない良い例だと思いました。

頑張ってください。
応援しています。
退会済み
2019/04/16
Delete
コメントありがとうございます。
書き手の伝えたいパーセンテージですね、その表現がすごくしっかりしました。
それを意識したコメントも作品の一部にしたような作品作りも視野に入れていきたいと思います。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録

News

RSS