新規登録 ログイン
時間がわからなくても、日は登って落ちる。
nyori 投稿 - 2週間前 更新 - 1週間と4日前 1 Comments 20 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません


時計の音が響く部屋
一人きりの夜 月が綺麗だね
窓が連れてくる冷たい風が
僕の心を冷ましてくれる

叶わない夢に手を伸ばして
打ちひしがれては強がった
また明日会えるかな
それなのに それなのに
君を描いてる

流れ星も月も隠れた空に
人の影も映らないね
一人きりの夜 月が綺麗だね
寄りかかる壁はいつも
僕を受け止めてくれる

「硬いな…」

窓枠に座り 木に手を伸ばす
外の世界は まだ怖いかな
静かに降りて床にうずくまる
僕の居場所はここにある

朝になれば日が昇って
ここもあそこも暖まる
また明日が来るなら
それなのに それなのに…
まだ涙溢れてる

暗い街の中 君が泣いている
誰も居ない夜の空
外の世界はまだ怖いかな
浸したらもう二度と
ここには戻れなさそう

いつか時計の針は動かなくなり
空に浮かぶ雲も晴れるだろう
僕の居場所もここじゃなくなって
新しい場所で新しい時計で
今日と同じ月を見る

雲一つない青い空の下
僕の影が黒々と映る
あの日と同じ形

流れ星も月も隠れた空に
僕の手をかざして
月が綺麗な夜はまだ明けない
寄りかかる壁はいつも
僕を受け止めてくれる
何も言わずに 冷えきった
その心をそっと僕が
温めてあげるから

「冷たいね」
タグ : [ 編集 ]

1 Comments

hiroshi_mishimahiroshi_mishima
1週間と4日前
いつどこに誰といても、月と太陽は同じように見守ってくれているんですね。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。