新規登録 ログイン
OーFRONTIERの182曲目です。
tonky2016 投稿 - 2週間と3日前 更新 - 2週間と2日前 2 Comments 27 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
なかなか見えて来ない 霧の中の心情
手探りしても触れられずに
営業スマイルさえ 本物だと信じて
かけがえないと思ったのに

自分の色を出し過ぎても
君に合わせ過ぎても
うまくバランス取れない気がするんだ

昨日までは好きだったのに今日嫌いになることもある
心変わりは何の前触れもなく突然に訪れる
理由を聞いても「何でもない」と言われたらそれまで
そんな思いと共に秋の空を眺めながら

会えない時はいつも募り募る感情
スマホ片手に鳴るのを待つ
途切れることを怖れ 必死に紡ぎながら
運命を願っていたのに

内面だけで決め付けるも
顔で決めてしまっても
きっと偏り激しい気がするんだ

時の流れ残酷だからいずれマンネリ押し寄せて来る
心変わりを切に気にしていたらこの足が竦(すく)むから
本音を聞いても多分「別に」と言うのは目に見えて
そんな思いと共に秋の空は暮れていくよ


移ろいやすい時代の中では
ワンパターンじゃいつか飽きてしまうのは当たり前
それを繰り返しても最後は同じ所に行き着く
うまくいかない恋は非情で無情

昨日までは好きだったのに今日嫌いになることもある
心変わりは何の前触れもなく突然に訪れる
理由を聞いても「何でもない」と言われたらそれまで
そんな思いと共に秋の空を眺めながら

時の流れ残酷だからいずれマンネリ押し寄せて来る
心変わりを切に気にしていたらこの足が竦(すく)むから
本音を聞いても多分「別に」と言うのは目に見えて
そんな思いと共に秋の空は暮れていくよ
タグ :
[ 編集 ]

2 Comments

kayumakayuma
2週間と2日前
この世は仮住まいであり「草は枯れ、花は散る。しかし主の御言葉は変わることはない」(聖書)草のように伸びていく企業も若者もいずれは枯れ、この世の華のような成功もしぼむときが訪れる。しかし神の御言葉は永遠であります。
 私は神に頼って生きていくしかありません。
tonky2016tonky2016
2週間と2日前
ありがとうございます。
この作品には「女心と秋の空」の意味が込められています。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。