新規登録 ログイン
よろしくお願いします。
tk77 投稿 - 2018/10/17 更新 - 2018/10/17 2 Comments 48 Views
good投票
moonlight
9月の雨 傘も差さずに佇んでいた バス停で
傷心を隠せなくて 何もかも流し去ろうと...

ただ夏の幻を見ては 呪縛にとらわれたよう
何もかもうまくいくなんて 過信したのが間違いだった

なんて、あとのまつり

不器用だって もちろん 自分が一番分かってる
恋愛も仕事も このままじゃうまくいかない
幸せになりたい ポツリ呟いてみては
ただ虚しくなるだけ

ah 生憎の雨が 頻りに 僕を濡らし続ける

時代(とき)の流れに ついていけなくて
置いてきぼり どうすれば 上手に生きていける?

不器用だって もちろん 自分が一番分かってる
恋愛も仕事も 放り出して ゼロになろう
何が正しいかなんて 分からないけれど
ただひたすら 生きていこう

ah 注ぐ日差しが 少しずつ僕を照らすよ
タグ :
[ 編集 ]

2 Comments

yumemigati3yumemigati3
2018/10/17
これからの季節にちょうどいい寂しさですね。
ラストに希望あるのも、素敵です。
tk77tk77
2018/10/17
コメントありがとうございます^_^
そうですね^^
秋って感じが伝わって頂けたなら幸いです^^
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。