新規登録 ログイン
よろしくお願いします。
akanex 投稿 - 2018/10/11 更新 - 2018/10/14 4 Comments 53 Views
good投票
yumemigati3
画面の向こう 夢叶える人 光の中で泳いでる
そこからは見えない 追うこと諦めた 暗い部屋小さな人
選ばれなかったあの日 必要ないと自覚した日
のばした手 何も掴めず このまま消えていくのか

少しずつ確かに落ちていく砂が僕の時間を奪っていく
二度と戻れない涙と笑顔の記憶溶けるように
手からこぼれる可能性見えない未来に
凍えながら眠れ
今日もまた産み落とされる器(うつわ)

君には友達がいて 僕はひとりぼっちで
気づいてほしい訳でもなくて
声をかけなければ重なることもなかった針が 動き出す
信頼されていたはず 役に立てるように振舞った
のばした手 届く前に 行ってしまうんだね

少しずつ確かにズレていく歯車が今はもう嵌らない
君は待っててくれなかった 期待も無意味で
“また間違えた”を繰り返す日々がこのまま変わらず終わるのなら
ここにいる意味は無い
誰か名前を呼んで必要として

壊れて溢れたものは流れるわけでもなく
消えずに気づかれずに踏み散らかされて
割れて空っぽなガラス
傷つけられて広がる紅い海

少しずつ確かに落ちていく砂が僕の時間を奪っていく
二度と戻れない最悪と最高の記憶が溶けるように
手からこぼれる可能性見えない未来に
凍えながら眠れ
今日もまた産み落とされる器(うつわ)
タグ :
[ 編集 ]

4 Comments

yumemigati3yumemigati3
2018/10/11
おー、いいメランコリーですね。
何処で間違ったんだ、何が悪かったんだっていう自問にさいなまれているのが聞こえてくるようですね。
akanexakanex
2018/10/11
さくさんありがとうございます!!
成功者がいる反面、どこかでうまくいかなかった自分がいる。
同じ人間なのに、何がそんなに違うんだろう‥‥と、思う時がありますね。
akanexakanex
2018/10/14
ひろしさんありがとうございます!
ありますよね!!
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。