新規登録 ログイン
 
utsusemi 投稿 - 2018/10/09 更新 - 2018/10/09 0 Comments 31 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません

失うわけにはいかない この喪失でさえ
自分を形作ったものとして 付き合うなら
希望や夢や光なんて 吐きたくもない
それよりも根強い何かを探している

秋風では薙ぎ払えない残暑を浴びては
育ちゆく自己嫌悪を今日も踏み潰した


時に明日が 空虚にて迎えられないと
うなされて 疲弊した明日を幾度も迎えた
信じたものが真逆に刃物を突き立てぬよう
過ちも全て肯定していく他はなくて

離脱しそびれたら 生きるだけの一本道
甘い後悔を啜る自慰に 生き甲斐と名付けるな
どうせ収束するのだ 誇り高き場所へ
そこで立つべき命こそ 喪失への報いだろう

なんてさ 強がるほどの 天邪鬼な季節だ 

空蝉のような詩を書き 焚き火にくべて
実のところ 心に這う弱虫を追い出すのに精一杯で

それでも暮れゆく陽が 影を伸ばす限り
切り離せないものに従い 明日を下待つ夜長
タグ : [ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。