新規登録 ログイン
いつか枯れるその日まで
nyori 投稿 - 2018/09/25 更新 - 2018/09/27 2 Comments 68 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
例えばこんな風に
飾らない言葉で 唄を紡げたら
君に届いたりするのかな

欲しいと願ったら
その瞬間 それは幻想となって
僕の前から消えていく
横目で見送るその笑顔さえ
この世のものでなくなってしまう

そっと吐息吹きかけて
なびく髪に紛れながらでいい
小さく願い事をした
誰にも見えないところで

ずっとそばにいて
話した声も ここに残って
寂しい気持ちを紛らわすように

触れた温もりも
絡まった香りでさえも
知らなければよかった
誰もいないところで

もしここが 二人きりの世界なら
否が応でも
君は僕といるしかなくなる
それでもいいと思ってしまう
そんな僕にはこの唄は唄えない

そっと吐息吹きかけて
なびく髪に紛れながらでいい
小さく願い事をした
誰にも見えないところで

遠くなるその影に
腕を伸ばさずにはいられなくて
止まる時は幻想の華
枯れて朽ち果てるまで
タグ : [ 編集 ]

2 Comments

kayumakayuma
2018/09/25
幻想の華というのは、野花のように茎の細い風にそよそよと揺れる花のことでしょうか? 華は、枯れてもまた種を残すものですね。
nyorinyori
2018/09/27
コメントありがとうございます!

"こういう花"といった細かい説明はできないのですが、想い人を連想したときの比喩と言えばいいでしょうか。ひとりひとり違う形をしていて、他の人から見たら自分が描いていたのとも違う、そんな感じです。
曖昧な回答しかできなくてすみません…。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。