新規登録 ログイン
 
utsusemi 投稿 - 5日と18時間前 更新 - 2日と10時間前 2 Comments 34 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません

終焉をぶら下げて 暑さを越した寒さだ
成す術なく絶望へと倒れた
もはや空腹を満たすより この空虚を埋めてよと
我を忘れ 咽び泣いた

蓋を開けた運命なんてこんなもの
その上に降り積もる
思い出の遺灰にて 安眠だけを高望みして


残虐な風が運ぶ 断崖の際まで体を
お前の価値は無と知らしめるよう
別にいいさ 死に場所を与えてくれるならと悟れば
そこで夢は醒めてしまった

生き損ないの信念などこんなもの
その癖 終止符打てず
死に場所を求め 立ち上がるしかない希望信者
タグ : [ 編集 ]

2 Comments

kayumakayuma
4日と6時間前
「生きてさえいれば、きっと幸せにめぐり会える」という歌詞(杉良太郎「すきま風」)がありましたが、なんでも継続していけば、生きる道は見えてきますね。
utsusemiutsusemi
2日と10時間前
>kayuma さん

底知れぬ絶望的な状況に陥れば陥るほど、希望や幸せというのはより明確になるものかなと自分自身、考えています。死を選ぶことを除いて、挫折の最果てには継続という選択しか残らないのかもしれないです。

毎度ながら感想を下さり、本当に励みになります。
どうも、ありがとうございました。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。