新規登録 ログイン
人であるのを思い出して
asakist 投稿 - 1週間と1日前 更新 - 1週間と1日前 0 Comments 21 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
通りから聞こえる
聖火を消し壁降す音
暮れ去る火にさえ
優雅な花は微笑み

列を成して
響く軍靴さえ
踏み入れた祝福に
人であるのを思い出して


民俗の瞳で
景色は今変わりなき空
凱歌へ焦げ付く
歴史の花はなお咲き

首を伏して
過ぎる木の芽風
力なき遠吠えに
野垂れ死ぬもの看取りもせず

名もなき日に
声は降り
名もなき日に
声は止み


孤独だと応える
通りの陰木霊が埋める
賛同しだせば
未来の花は憐れみ

遠い過去の
ただの記載だと
過たず人は言い
人であるのを想うだろう

名もなき日に
声は降り
名もなき日に
歌は鳴り
名もなき日に
歌は止み
名もなき日に
声は止み
タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。