新規登録 ログイン
身内に対する憎しみを書きました。
chevy56 投稿 - 2018/03/07 更新 - 2018/03/07 0 Comments 98 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
安全を抱え込むという表現が
ぴったり合うような光があり
その顔を見ると安心できると思ってた
自分を守ってくれるて信じていた

だけど見せられたらどうにもできない
閉じ込めるような見えないチカラ
理不尽な親壁が脳に認知されていく
縛り付ける言葉の束で リンチされていく

赤い涙に染められた 自分の居場所
どうしてあなたは そんなに追い込むの
口ばかりの愛情に 求めた色はなく
少しずつ僕の背中を 斬り刻んでいく
こんなにも苦しい顔を しているのに
どうしてあなたは 理解できないの
ピストルのように 撃ち抜く声で
僕を自己満の道具 として扱ってくる


引きちぎろうとした己の身体に
唸り声とともに翳そうとしたカッター
なんでこんなことしてるんだろうって
無様じゃないかなって思ってしまった

だからどうして気づいてくれなかったの
こんなに追い込まれていたのに
もうちょっとで楽になれたのに
I don’t know how to live ,連れてっててよ、空の楽園へ

赤い絨毯のように美しく清らかな
居場所を欲しがっていたんだろう
大切な感情に 求める色を探して
少しずつ僕の背中を 取り戻せるかな
もう二度と戻れない 過ちのスタート地点
取り返しのつかない 割れた物語
僕は一体なんのために ここにいるのだろう
いてもいなくても どっちでもいいのかな


追いかけてくる、本当は
優しいはずの温かい光
誇り自信青い空、
軋むベッドの上 叫び声
どこで出会ったんだろうか
どうして選べないのかな
今日もまたボディーブローを僕に
打ち込んでくる 闇の向こうから

赤い涙に染められた 自分の居場所
どうしてあなたは そんなに追い込むの
口ばかりの愛情に 求めた色はなく
少しずつ僕の背中を 斬り刻んでいく
取り返しのつかない 割れた物語
僕は一体なんのために ここにいるのだろう
いてもいなくても どっちでもいいのかな

タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録

News

RSS