新規登録 ログイン
良かったら読んで頂けると嬉しいです。何卒よろしくお願い致します。
guitarman28 投稿 - 1週間前 更新 - 6日と23時間前 1 Comments 17 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
衣替えを果たした
黄金色の落ち葉たちが
この季節と季節の
すきま風でざわめいてる


Ah 旅立ちたい
使い古した ボロボロの言葉は
あの夏に置き去りにして


時の流れが告げた
小雨色の記憶たちも
もう逢えない君との
すき間だけは埋められない


さぁ 旅立つんだ
この世に生きる 僕という存在
その意味を 確立したい


さよなら 想い出の君に 手を振るよ
ありがとう 君と出会えてここまで来れた
さよなら 怖気(おじけ)づく僕に 手を振ろう
僕だけの 詩(うた)と未来をつかみ取るために



僕をふるいにかけて
この痛みで試してるなら
もう負けられないんだ
あの日だけは繰り返さない


さぁ 旅立つんだ
この世に生きる 僕という存在
その意味を 確立したい


さよなら 懐かしき街に 手を振るよ
届くのか? 僕を疑った日々を捨てて
さよなら 泣き止んだ夜に 手を振ろう
果てしない旅は 始まったばかりなんだ



さよなら 大好きな君に 手を振るよ
ありがとう 君と出会えてここまで来れた
さよなら 泣き止んだ空に 手を振ろう
僕だけの 詩(うた)と未来をつかみ取るために


果てしない旅は 始まったばかりだから
タグ :
[ 編集 ]

1 Comments

guitarman28guitarman28
6日と23時間前

1秒前 みなさん、読んで頂きありがとうございます。これからもよい詩が書けるよう、いろいろインプットしていきたいと思います。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。よろしくお願い致します!
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。