新規登録 ログイン
「誰かのための人生に、意味なんてないから 」
sikito 投稿 - 2017/12/04 更新 - 2017/12/04 0 Comments 75 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
目を閉じる 目を閉じる
目を閉じて歩けば
石に躓いた
目を開ける 目を開ける
目を開けて歩けば
笑われてると気づいた

誰かが居なくなる間に
また誰かが作られるのなら
僕という名前にどれだけの
意味があるのだろう

いつか 夢に見た景色が
夢にしかなれないと気がついた
たとえ 明日が来るとしても
それが正しいかなど 知らないよ

目を閉じる 目を閉じる
目を閉じて笑った
誰かに愛されたくて
目を開ける 目を開ける
目を開けていたかった
もう見落とさないように

神様 この世界に必要な
ルールや道徳心なんてのが
本当は誰に当てているか
どうか 教えてくれ

もしも 全てが嫌になったら
借り物の器を空に返そう
それが まだ出来ていないのは
理由があるのだろう

ただ 幸せを探して
歩いてきていたんだよ
なのに それに気付けるのが
最後だけなんて 悲しすぎるよ

いつか 夢にまで見た景色が
夢であることに意味があった
たとえ 全てが分かったとして
楽しいと思えるかい?
もしも 全てが嫌になったら
何もかもを捨てていいんだよ
誰かのための人生に
意味なんてないから

それが正しいんだと 気づいたよ





タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。