新規登録 ログイン
なんて 今さら
mizumizu 投稿 - 1週間と2日前 更新 - 3日と21時間前 10 Comments 69 Views
good投票
manbou0502haru07yumemigati3


上を向いて歩くには
ちょっとせまい視野の中
こんなにも青い空があった
かかった前髪が邪魔してた
時の流れを感じながら
少しも変わらない思いの丈は
端から端まで測っても
君まで届かないこと
知ってるよ


後ろを振り返るには
さほど大したことないものが
いっぱい詰まったアルバムが
美化されて育ったこの熱が
今もこの胸を支配してる
死滅した細胞でさえ繰り返し
端から端まで遺伝していく
君という不思議が
巡るんだ


ねぇ 今さら



困った時にするしかめっ面
小走りで先を行く小さな背中
髪をかき分ける時の遠い目
何を考えてるんだろうなって
その先には今日に似た青い空
まだ見えていたあの頃の僕
上を向いて歩くには
君が必要だって言えたらよかった


笑った時にできるえくぼのあと
真面目な顔して ふざけた計画練って
わかりやすいくらいに透けた瞳の色
なんて言えばいいんだろうなって
今もこの胸を支配してる面影
日が落ちても消えることなく
後ろを振り返るには
君が手を引っ張ってくれなきゃ嫌だ


なんて 今さら



前を向いて生きるには
少し頼りないスニーカーの先
ほどけた靴紐が演じていた
なんかそれが僕に似ていた

時の流れは止まることなく
少しはすっきりした前髪もアルバムも
同じ方向を見てる気がする
君がいない
その先に向かって






タグ :
[ 編集 ]

10 Comments

yumemigati3yumemigati3
1週間と1日前
毎回GOODしてしまう病気なのだろうか(笑)。

タイトルから内容まで、一気に読まされました。さすがですね。
haru07haru07
1週間と1日前
私は毎回goodしてしまう病気ですw

朝の客待ち中に
こんな沁みる作品をありがとうございます♪

君を失ったあとの喪失感から
最後少し立ち直りつつある主人公の心情の表現の仕方がたまらなく好きですね〜

ホントに毎度クオリティ高い
goodです!

sakusikatarousakusikatarou
1週間と1日前
この思い出に浸ってから一行で
現実にもどってくる感じ、好きです。

manbou0502manbou0502
1週間と1日前
な〜んでこんなに優しくて切ないのが書けるんでしょうかねぇ〜〜
うらやましい!!
靴紐が演じていた、などの比喩も最高です!

そりゃあこんなの見せられたらGOOD病にもなりますわ笑
GOOD!

mizumizumizumizu
1週間前
さくさん
コメントとgoodありがとうございます。

いやーありがたい病ですね笑
っていうのは冗談で!
いつも見に来ていただきありがとうございます!
mizumizumizumizu
1週間前
悠月さん
コメントとgoodありがとうございます。

悠月さんまで…笑
思いついて完成したらすぐに投稿しないと気が済まないので、連投になってしまい申し訳ない気分です…汗
やっぱり最後はどこかに救いを求める自分がいるので
上を向けなくても、前を向いて生きられればという感じになりました。
mizumizumizumizu
1週間前
sakusikatarouさん
コメントありがとうございます。

思い出でもなんでも、何かに浸ってる時間は
とても無意識で、無邪気で、素直な感じがして
そういった瞬間を歌詞にするのが好きなのかもしれません。
好んでいただき嬉しいです。ありがとうございます。
mizumizumizumizu
1週間前
マンボウさん
コメントとgoodありがとうございます。

前作に続いて見ていただき嬉しいです!
ほどけた靴紐の感じが主人公と似てるなーって感じで笑
でもたぶん次の瞬間には結び直して前を向いているんだろうなと思います。

good病さまさまですね笑
ありがとうございます。
SakSak
3日と23時間前
こんにちは。

まずタイトルがいいですね…

そこから自然と引き込まれるように詞の世界に入って行くことができました。

mizumizuさんのこの詞のような経験があったんですか?
mizumizumizumizu
3日と21時間前
こんにちは。

Sakさん
コメントありがとうございます。

タイトル褒めていただきありがとうございます!
妄想です笑
たいがい同じようなヒロインを思い描くので、もしかしたらこういう人がタイプなのかもしれないですね。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。