新規登録 ログイン
Jは想像できるが 創造はできません
code 投稿 - 2017/05/07 更新 - 2017/05/07 0 Comments 164 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
いし畳 
厚み その数 みな違うけれど
着く先は すべて J

一気に駆け上がり たどりつかない多くを
ゆびさして 詰る人
確かめてみよ その手は汚れていないか
舞い 回り 惑わす 黒い蝶

どうして 踏み外さなかった 僕が
どうして 踏み外さなかった 僕が
闇夜へ

いし畳
厚み その数 みな違うけど
登った先は すべて J

同じ階段 たじろぐ多くを
顔近づけて 笑う人
確かめてみよ その歯は醜くないか
舞い 回り 惑わす 黒い蝶

どうして 踏み外さなかった 僕が
どうして 踏み外さなかった 僕が
闇夜へ

わがまま 正しさ の刃が 傷つき傷つけあって
流れる血 その色を変えて 空に飛んでいく

どうして 踏み外さなかった 僕が
どうして 踏み外さなかった 僕が
闇夜へ

登りきる前に何かを見落としたのだろう
どうして 人間の目は 自分がわからない
答え それ自体 J
タグ : [ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録