新規登録 ログイン
ゆっくりと、少しずつ、好きになる気持ち。
mizumizu 投稿 - 1週間と2日前 更新 - 1週間と2日前 4 Comments 30 Views
good投票
meshiro0408


きみの歩幅に合わせて

スローモーションで歩いていたら

道端に咲いた小さな花にも

気付けるようになったよ

そんな何気ない発見を

きみに知ってほしくてさ

ぼくは子どものように

いつまでもはしゃいでいたんだ


ねぇ

いつかは終わってしまう時間が

こんなにも愛しいんだってこと

きみに教わった気がするんだ

気のせいかな




きみのお喋りに合わせて

スローモーションで話していたら

次々と言いたいことがたくさん

生まれてくるんだ

不思議でしょう



ねぇ

ゆっくりと流れていく時間の中で

きみの変なくせも見つけたこと

ほんの少しずつだけど ちゃんと

好きになってる


ねぇ

いつかは終わってしまう時間が

こんなにも愛しいんだってこと

きみに教わった気がするんだ

気のせいかな





タグ :
[ 編集 ]

4 Comments

yumemigati3yumemigati3
1週間と2日前
すごく上手にテーマを消化していると思います。
雰囲気もロマンチックだし、素敵です。
ただ、ミズさんにしては盛り上がりに欠けるかな? とも感じました。
すこし期待過剰なのかもしれませんが・・・(笑)。
mizumizumizumizu
1週間と2日前
さくさん
コメントありがとうございます。

ばれましたか…笑
息詰まってしまってまして…なんていうか箸休め的な感じです。
ゆったり無理のない作品を目指しました。
meshiro0408meshiro0408
1週間と2日前
ラップ調が主流の僕には真似できない穏やかさと表現力が素敵です。スローモーションだけど、二人の過ごす時間はあっという間に過ぎていくんだろうなと、勝手に想像しました。僕は乙女か。
mizumizumizumizu
1週間と2日前
雨男さん
コメントとgoodありがとうございます。
自分には雨男さんのような多彩なリリックは生み出せないです。
ましてや今、息詰まり状態なので笑

乙女みたいな視点も重要ですよ。色々な角度から詩を考えたいです。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。