新規登録 ログイン
世界の広さを謳歌するのもある意味哲学 ('・ω・')
lineman 投稿 - 2010/08/14 更新 - 2013/03/09 11 Comments 346 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
(A)
小麦が見上げた青空ブルー
大麦が見たその頂
羊が銘々メェメェと鳴き
豚がブウブウ文句を言う

(B)
地図はなくても僕は歩ける
どこから行こう 何処でも行こう
この道の先 何が見えるか
知らない方が楽しいだろう

(S)
陽気なステップ サバナ ツンドラ
歌を口ずさんだ流浪の民
何処までも続く道の途中は 
騒がしいくらいがちょうどいい

(A)
疎林で見かけた王者のブルー
密林で見たその結末
ラクダは楽々砂漠を渡り
猫が寝転びニャァと鳴いた

(B)
熱い部分も寒い部分も
全ては一つ それが世界だ
目的なんて何もないけど
それも一つの人生だろう

(S)
正確な答えなんてないのさ
明日も 今日のことも知らないけど
始まりも終わりもない世界で
雲の行く先を見つめよう

(B)
地図はなくても君は歩ける
歩ける君は何処でも行ける
どこかの道で 雌鳥が鳴き
それじゃサヨナラ また逢いましょう 

(S)
陽気なステップ サバナ ツンドラ
A to E 地図記号は読めなくても
高い丘の上 見える世界は
きっとすばらしいモノなんだ 
(S)
明日は明日の風が吹くから
雨や曇りの日も 笑っていたい
自由に気ままに 生きる僕らの
旅路を彩る 風の歌 ラララ 

_____
A to E
ケッペンの気候区分
A=熱帯 B=亜熱帯 C=温帯 D=亜寒帯 E=寒帯
タグ : [ 編集 ]

11 Comments

tukkiy03tukkiy03
2010/08/14
こんにちは
私、陽影月魅と申します
以後お見知りおきを

読んでて、とても広い詞だなぁと関心しました(もちろん良い意味で)

詞に限らず、世界観の構築って、やはり限定的になってしまうじゃないですか
でも、この詞はそういう意味で限定的ではないんですよね
もちろんテーマとか、あまり言及してないとか、そもそもワールドワイドなものなので
そういう効果によって閉鎖的ではないのかもしれませんが
印象と世界観がマッチしていたので良い味でてると思います

A to Eとか
Aメロの文字掛けとか、こだわりやユーモアを感じて
読んでいてワクワクしました

軽くプロフィールの方もみましたが
ずいぶんと哲学チックなものがありそうですね
結構そういうの好きなので(説明の哲学チックにひかれてここまできたw)
機会があったらそちらの方も拝見させていただこうかと


ポルノの「アゲハ蝶」チックな旅人ですけど
ある意味それよりマイペースかもですねw
なんかミスチルあたりが歌ってたらそれっぽいですよねw
(とか、勝手な妄想スイッチが汗)

真っ直ぐだから
こんな直球ストレートなのかもしれないけど
あと少しくらい、ひねくれた表現があった方が
哲学っぽさがアップして個人的には好みかな

でも、これはこのままで変えないでほしい
(何というわがままw)

まああれです
その位素直になっちゃうくらい
真っ直ぐで広い詞だなってことです

では長文駄文失礼しました汗
linemanlineman
2010/08/14
>陽影月魅さん

初めまして、こんにちは。
長々としたコメントありがとうございます!!
読みながらつい顔がにやけてしまいました。笑

今回は「ある意味哲学」をイメージしながら、
普遍的でユーモラスな言葉を意識して書きました。
比喩表現なんかはあまり入れてないですが、
世界の大きさを表すのに婉曲的表現は小さすぎると思い、
あえてストレートに書きました。

まっすぐに広い詞、と評されるのは非常に嬉しいです。
そのつもりで書いていたのでw。

コメントありがとうございます。
linemanlineman
2010/08/14
>山のウサギさん

コメントありがとうございます。
以下、地理の講義になることをお許しください。

小麦と大麦は同じ場所で育てることはありません。
小麦は平地などの比較的暖かい地方で、
大麦は山地などの冷涼な地で育てます。
これは、「オ・エ・ライ・コムギ」という覚え方が有名ですね。
大麦、エン麦、ライ麦、小麦の順に寒さに強い品種です。

ではAメロ1~2小節に移ります。
「小麦が見上げた青空ブルー」
小麦は低地に生息するので空の青色を見ることしかできません。
「大麦が見たその頂」
大麦は山地などにも生息するので、
小麦よりも高い所(空の頂)まで見ることが出来ます。

と、そういう意味で書いたのです。
まず、題名のとおり流浪の民なのですから、
様々な地域に行くのが当然です。
そもそも、2番Aメロを読めば
疎林、密林、ラクダ、猫が出てくるのですから、
同じ地域の話をしているのではないと言うことは、
わかるとおもったのですが。
もちろん、豚と羊に関しても同様です。
これは、
「羊は放牧され自由に動けるのにに、
 自分たちは豚小屋の中で育てられていることに文句を言う豚」
という解釈をして欲しかったです。

また、蛇足になりますが、
>羊は放牧で育てます。ブタは豚舎で育てます。
>この2つが一緒に居ることは、在りそうで在りません。
>主に羊を育てる、イスラム遊牧民は宗教の理由で
>ブタを見ることも嫌がります。

とおっしゃっていますが、これは誤りです。
スペインなどのように、比較的乾燥していて、
かつ混合農業を取り入れている地域では、
豚と羊を一緒に育てる農法も存在します。
豚の放し飼いについては、イベリコ豚が有名ですね。


また、なぜイスラム遊牧民に限ったかがわかりません。
羊の放牧は、スペイン産のメリノ種などの塩水に強い羊を育てる
オーストラリアの大鑽井盆地などでも有名です。

余り、メチャクチャな事を書くと、見た人が、
群青堂のコメントってこの程度かと思われます。

コメントありがとうございました。


linemanlineman
2010/08/14
おっと、訂正です。
混合農業の下りはこちらの間違いです。
混合農業では、肥料作物を使用するために牛・豚は必ず
舎飼いになるということを忘れていました。
ですが、混合農業に限らなければ
南ヨーロッパでは実際に羊と豚を、仕切りはありますが
同じ場所で放牧している地方はあります。
linemanlineman
2010/08/14
>山のウサギさん

論点が違います。
それは補足であって僕が指摘した所はそこではありません。
失礼ですが、他人の詞を評価する以上、
ある程度その作品をきちんと解釈するようお願いします。
先のコメントの論点がずれているように、
詞の解釈の仕方もどこかずれている気がします。

先のコメントをもう一度読み直した後に、
詞を再読してそれでもおかしいとおもうのであれば、
プロフィールにメールアドレスを乗せているので、
そこからメールをください。
第三者が不快になるようなやりとりをあまりしたくないですから。
linemanlineman
2010/08/14
はっきり言いますが不快です。
Aメロに意味がないなら最初から書いていません。
一行一行に詞の背景とテーマを考えながら書いているので。

「詞は最初の4行」という論の正統性・整合性も全くありませんし、
貴方がそのように他人の詞をよんでいる限り、
それは辛口批評でも何でもなく、ただの暴論です。
自分の意見が是であると決めつけてコメントされるのは
こちらからすると非常に不愉快ですしね。

失礼ですが貴方とは二度と関わりたくないです。
desertwolfdesertwolf
2010/08/14
 私も↑を削除したのに
其処まで言われたら、不愉快です。

 もう、誰でも自由に評論出来る所には
発表しない方がよいんじゃないですか?
tukkiy03tukkiy03
2010/08/14
私が勝手に口の挟むのは
やはりおかしいとは思いますが言わせてください

過去に山のうさぎさんと掲示板で争ったものですが
覚えているでしょうか

あの時と変わってませんね

自由に意見を出せる場所に関わらず
相手の意見をまるで見向きもしてないじゃないですか

つまり逆で
協調性の無い方は、こういう場所にコメントしない方がいいんじゃないんですか?

このコメントの反論は私の作品のコメントへどうぞご自由に
こんな素晴らしい詞のコメント欄が荒れるのは、ちょっと見てられなかったので
大人げないとは思いますが失礼しました
linemanlineman
2010/08/14
消した、消さないの問題ではありません。
もちろん詞の解釈は自由ですし、
好みも自由ですから、どのように受け取られてもしょうがないです。
しかし、Aメロに意味がないという詞そのものを侮辱した表現は許せません。
何度も言いますが、意味がないなら書きません。
この言葉の意味さえわからないのなら、どうかお帰りください。
詞の評論なら辛口だろうと何だろうと誠意を持って受け止めます。
けれど貴方のそれは、自分の極論を正論であるかのように勘違いした、
他人への侮辱であるとしか思えません。
これ以上の返信はメールでお願いします。
18501850
2010/08/17
初めまして! 拓海と申します^^

この詞を読んでて、なんだか楽しい気分になりました。
そして子供達が笑顔でこの歌を歌っている。
というようなイメージも浮かびました。

個人的にBメロが一番ガツンときました。
明るい気持ちにさせていただきありがとうございました!
linemanlineman
2010/08/19
>拓海さん

コメントありがとうございます。

題名が「流浪の民」なので、
定住する家が無く、故郷に帰れない悲しさを少しでも忘れさせ、
流浪の民が自らを鼓舞し励ますために道中で口ずさめる歌、
という構想で考えたので、
「楽しい気分になった」というコメントは、
非常に嬉しいですw。
詞を理解してくれてるんだなぁ、と感動しましたw。
Bメロは個人的にも大好きな所です!!笑

いえ、こちらこそ明るい気持ちにさせてもらって、
本当にありがとうございます。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。