新規登録 ログイン
私は月に何か恨みでもあるんでしょうか。毎回月が出てくる時暗いのを書いてる気がします。
ryo_poe 投稿 - 2021/11/04 更新 - 1月前 2 Comments 81 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
月明かりの下 露わになる僕の姿
暗闇を願う その汚れに気づかないように

毎夜 悪い日だったと今日を見送ってる
それは明日に続いていく道のはずなのに
それを自ら閉ざしては当てもなく歩いてる
オロオロと 怯えながら

月明かりが照らす その道を進めば
何かを見つけることが出来るのだろうか
月明かりの途絶えたその先は 誰も知らない
暗闇を願えど 暗闇に生きる勇気はまだなくて


月明かりに満ちたこの部屋を抜けて
光のない世界へゆっくりと溶けていければ

今日は何があったか思い出せないのは
何気ないまま今日を見送った証
そんな今日を僕はただ後悔するのに
ポロポロと 涙を流し

月明かりが照らす その道を恐れている
怒りも惨めさも悲しみも全部 照らし出される
月明かりの途絶えたその先に 僕はもういない
照らさないでと 暴かないでと願っている

その月だけが僕を映す鏡だ
暗闇を願う せめて醜さに気づかないように
終わりを願う せめて僕のいなかった世界へ
タグ :
[ 編集 ]

2 Comments

kayumakayuma
2021/11/05
どんな闇夜でも月の光が照らすように、どんな暗い状況でもなんらかの希望の光が差し込むものです。
ryo_poeryo_poe
1月前
kayumaさん、コメントいただきありがとうございます。私自身月にはある含意を込めており、この詩においてはそういった明るさは差し込んでこないんだと思います。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録