新規登録 ログイン
 
daaaakawa 投稿 - 2021/05/22 更新 - 2021/05/27 1 Comments 135 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
濁った目 なんて
いつもして ないで
繰り返す 毎日に
心溶けても

逃げないで なんて
言えはしない から
振り向いて 行ける道
どこへでも 歩こう

夜も眠らないこの街で
きみは 誰かとひとり
隣にすむあの人も
同じように

都市を走る 動脈
止まれば生きられないような
夜中はしらない
いつも寝ているから

デジタル時計 針はなくても
一秒をカウントして
きみは目をそらす

気取った空 だって
いつかくるん だって
繰り返す 月曜に
時に 悩んでも

きみは知るん だって
世界は広いん だって
そばにいて 聞かせてよ
鼓動とその言葉を

きみがいるだけ
ぼくも生きるんだね
いつか静かに
消えてしまったとしても

こんな雨 なんて
すぐにやむん だって
言ってもさ 聞かないね
晴れてるとこ見たことないの?

きみは知るん だって
憂鬱な 日の
数だけ 光が差すとき
時が止まったように感じるから

見に行こう
そのときまで
一緒に
タグ :
[ 編集 ]

1 Comments

kayumakayuma
2021/05/27
夜も眠らない街というのは、歓楽街のことでしょうか。今はすっかり息を潜めているようですね。
私の詩も見て下さい。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録