新規登録 ログイン
親の偉大さ
nanchatteA 投稿 - 2021/03/28 更新 - 2021/07/03 2 Comments 259 Views
good投票
kayuma
鳥になりたい そんなことを本気で思ってた幼少期
ヒーローなんかじゃなくて 苦しむ親を見ては
自由を求めて広がる空への旅へ
行きたかった

気を遣い頭下げて縛られる
こんな姿を見てはいたくなかった

せめて歩きたい その歩幅がどんなに小さなものでも

ここに留まっていたくないんだ 

逃げか? そう問われれば答えようもないけど

ただあの大空に…


親を見ていた なぜこれを受け入れられるかのわけを
不自由なんではなくて 苦しむ親は僕らには
暖かく慈愛に満ちた笑顔を
絶やさなかった

身を焦がし己が傷つきふらつく
どんなこともその翼で守り抜いてくれた

だから返したい もう大空を翔けなくなったなら

僕が支えていく番なんだ

違う? 今守らないでいつするんだなんて

また気持ちをぶつける…


危険なうちは守るのが大きなものの役目なんだ
次に生まれる小さな光を絶やさないように…

せめて歩きたい その歩幅がどんなに小さなものでも

ただこの瞬間は2度とないじゃないか

聞いて あの幼い頃の思いが伝えられてないから

ただそっとそばに…
タグ :
[ 編集 ]

2 Comments

kayumakayuma
2021/04/06
鳥の世界は託卵といって、自分の子供の鳥を育てられない場合、別の鳥の巣に卵を託して育ててもらうということもあるそうです。
nanchatteAnanchatteA
2021/04/06
コメントありがとうございます!
僕もそれはテレビで見たことありますね!
人はそんなことなく、育て上げる責任を持っていかないとですね!
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録