新規登録 ログイン
まだ寒い
kabocha0230 投稿 - 3日と13時間前 更新 - 3日と13時間前 0 Comments 14 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
あなたがくれた胸の種火を 宝箱に入れた
僅かな煙さえ漏れないよう 何重にも封をした

暖かい毛布で充分だよ
これ以上の熱は痛い

カーテンを閉めて部屋に一人 安らかな息吹
あまたの星が見下ろす中では怖くて 前を向けない

青く脈を打つ孤独だけが 私の持ち得る温もりのすべてだから
愛で奪っていかないで 私を凍えさせないで

その柔らかく煌めいた 笑顔に透けて見える
無垢な欲 めくるめく 私には分からない
分からない 分からない
どうして私に触れたの

焦げ付いた瞞しがふやけて匂い立つ
浸したのは目ばゆい光

指先ですら胸の洞には大き過ぎた
胃酸に溺れながら名前を呼んだ

届かない
ほら こんなにも寒い

青く脈を打つ孤独だけが 私の持ち得る温もりのすべてだから
愛で奪っていかないで 私を凍えさせないで

その柔らかく煌めいた 笑顔に透けて見える
無垢な欲 めくるめく 私には分からない
焦げ付いた幸せを
どうして思い出させるの
タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録