新規登録 ログイン
なまるぬい関係を枕に仕舞う。馬鹿だったと笑いたくないから、誰にも知られないように。
kabocha0230 投稿 - 5日と18時間前 更新 - 5日と18時間前 0 Comments 10 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
まぶたが重くなった
夢の波際 おやすみは無い
わたしの寝息が遠くなる

街明かり 陰の深み
夕餉と浴槽 花と排気
騒いで 鼻腔を歩く夜風に
涙目も乾く

ああ たわいない夢だわ
あなたの言葉を拾って
指先で返すの
ああ 幸せな夢だわ
声が聞けそうで
微笑みが見えそうで

伝えたかったこと
後ろ手に熱を持つ隠しごと
口が裂けても言わなかった

窓際に 月も瞑る
指と指 幸せに似て
ぬるくて 鼻腔の奥に滲みた
涙目のひとり

終わってしまえば
呆気なく日は昇るもの

また一粒 枕に仕舞って
忘れないように

ああ たわいない夢だわ
あなたの言葉を拾って
指先で返すの
ああ 幸せな夢だわ
声が聞けそうで
微笑みが見えそうで
タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録