新規登録 ログイン
少し寒くなってきたなー。秋の匂いがする。夏と結んだ虹がかかる。寒くなると寂しくなるから恋をする?そんな男と煙草の話
Uwcr72 投稿 - 2020/09/20 更新 - 2020/09/20 0 Comments 99 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません


秋風が紫煙と混ざる朝
少しの肌寒さに違和感を覚えた

うわの空になった瞳に
夏と結んだ虹がかかる
秋晴れに身を委ねては
少し寂しそうな表情に顔色を伺った

いつかその虹が恋と呼べる日まで
そんなこと考えながら火を消して
溜息に君の名前を織り交ぜて
曇り空に似た表情が晴れ渡る日まで

商い中に惹かれた帰り道
人混みで立ち止まっても時は進んだ

冷たい風が洋服をすり抜けて
素肌に流れ込んでくる
夜半の秋に向かう繁華街でも
隣を歩く君を見失うことはなかった

いつも見惚れてるその瞳を僕は
可能な限り脳裏に刻むことにした
遠くからはハッキリと見えるのに
中にいると見えないそんな虹のように

きっと追いかけても掴めないから
僕は虹を追う人になろうとした

秋風が紫煙と混ざる朝
うわの空になった瞳に
気がついたら恋をしていた

タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録