新規登録 ログイン
連投すみません!こっちは、とある二人の物語です・・・
sabrina_no_hana 投稿 - 2020/07/31 更新 - 2020/08/07 2 Comments 79 Views
good投票
tk77Marlmizumizu
虹の橋を裸足で渡るマリー
少しひび割れて怖かったね
向こう側まで僕が手をとり
連れていくから待っててね マリー
動かない青空
痺れきらす雲
飛べない鳥
鳴けない蝉
耳で殺す風 詩にして帰るよ
詩にして帰るよ マリー

光ってるのか 失せてるのか
眩しいのか ひよってんのか
白と黒のあいまいな境界線
マリー 君が白と言えば
地平線は白くふらつく
マリー 君が黒と言えば
水平線は黒くぐらつく
むずかしいことなんてなにもない
ただそれだけ ただそれだけ
あいもかわらず あいはかわらず
ああ マリー ああ マリー…

…久しぶりだね
いつぶりだろう
なにをしよう
なにを話そう
とりあえずラジオつけよう
「太陽は本当は影を作りたくないんじゃないかな」
そうかもね、って笑い合った。
耳飾りが、ちょっと揺れたね。
動かない青空
痺れきらす雲
飛べない鳥
鳴けない蝉
耳で殺す風 詩にして帰ったよ
詩にして帰ったよ マリー

むずかしいことなんてなにもない
おそろしいことなんてなにもない
ふしあわせなんてどこにもない
わるいあいつらもどこにもない
マリー 僕と手を繋いで
何処まででも行けるよ マリー
タグ : [ 編集 ]

2 Comments

mizumizumizumizu
2020/08/02
ドラマチックな構成はもはやサブリナさんの個性で、読み物としても感情を揺さぶるものになっているような気がします。

絶対的なマリーと、僕。
その2人の世界観が映画みたいなイメージでした。
mizumizuさん
コメント&Goodありがとうございます!
非常に嬉しいコメント、恐縮です。。
「後追い」をテーマに書かせて頂きました。

あとmizumizuさんが<絶対的なマリーと、僕>
と仰ってくれたおかげで
最後の一人称が(俺)になっていたのに気付けました。汗
修正させて頂きました。ありがとうございます。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録