新規登録 ログイン
最近の心の模様を、なんとなく歌詞にしてみました。要するに、虚しさです。
sabrina_no_hana 投稿 - 1週間と1日前 更新 - 1週間と1日前 0 Comments 21 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
真っ暗闇の空に
黄金色の砂をまき散らして
星空つくった
くだらない神々
地を這う悪魔共
エルサレムでは夢をみる
目のみえない少年
ワルシャワでは首をつる
耳のきこえない少女

空っぽのスプレー缶 遠吠えの犬
ひん曲がる千の花の束 猫は眠る
錆びれた額縁には
ガンメタル・グレーの雨に撃たれてる
囚人の絵 涙ながしてた気がする
俺がイカれてるだけなのかな
それでもいいや それでも
ねぇアメリア

真っ暗闇の空に
黄金色の砂をまき散らして
星空つくった
誰かがギラついては
誰かはニヤついてた
見上げた空にオーケストラ
あの娘はヴァイオリン弾いてた
コメディアンの影は
あいかわらずバイオレンスの形してた

指を鳴らしたら 弾けとんで
どっか行った たのしい笑い声
見慣れてる街を見下ろす丘で
どうせこんなもんだろって吐き捨てたら
カマロ燃やしてるような気分になったよ
俺がイカれてるだけなのかな
それでもいいや それでも
ねぇ アメリア

シャワールームで渦を巻きだす闇だとか
ブランコに揺られるだけのハニーだとか
いつも聴かないふりしてた
マジェスティ・ジャンク・ソールだとか
地球が歪みそうだって叫んでたい
叫んでたい どうしようもない時間だとか
俺がイカれてるだけなのかな
それでもいいや それでも
ねぇ アメリア
それでもいいよな それでも
なぁアメリア
タグ : [ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録