新規登録 ログイン
夢の世界の捻じれた世界にどっぷり漬かってます
ritsu3810 投稿 - 1週間と2日前 更新 - 4日と11時間前 0 Comments 47 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
乾いた風
流れる血の音さえ
聞こえそうな
暗闇の中
光になれるはずと
騙されたい

がいた

壊し壊し
どうせ僕のものじゃない
輝く出口も
抜け出せるのは
きっと一人だけ
願うことは罪じゃない 

ここに居るのは
砂漠の迷い人
明かりを求めて

こっちにおいで
灯すよ
目を逸らさないで

からっぽの声が
僕を見上げ微笑う(わらう)
いざなった瞳(め)
映す世界
捻じれた世界なんて言わせない
降り注ぐ砂
時が告げる罠
その色は変わり
もう目を開ける必要(こと)はない



檻に生きて
暴れる身を抑えて
こだましてる
星屑の中
素直が分からなくて
濁る鏡

がいた

隠し隠し
どうせ探されもしない
記憶の逃げ場を
見つけたくても
殺したくても
熱に縋る僕がいる

ここに居たのは
夜空の迷い人
居場所を求めて
すぐ
振り返った
今だけ
側に居てあげるよ

この名の意味は
抗えぬ運命(さだめ)
繋がれた鎖(て)
洗い流す
その魔法でただの僕にしてくれ
降り注ぐ砂
埋もれてゆく手を
掴みかける夢
なぜ現実(いま)もまだ滲んでる
のか



降り注ぐ砂
降り注ぐ雨
砂に消えた雨
僕ら映す鏡

この名の意味
抗えぬ運命(さだめ)
黒に染まる
それも僕だ
鏡越しに光る宝石なんだ

からっぽの声が
僕を見上げ微笑う(わらう)
いざなった瞳(め)
映す世界
捻じれた世界なんて言わせない
降り注ぐ砂
笑顔のまま 今
その声は告げる
もう目を逸らす必要(こと)はない
タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録