新規登録 ログイン
自分が二十歳の記念として作詞した楽曲です。構成は、「A A S A S S S」となっております。
Xylitol_ssw 投稿 - 2020/07/18 更新 - 2020/07/19 2 Comments 196 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
変わらない物 それが消えた
忘れていった事にした
だけどこうするしかないと悟った

群青色の夜が明けた
何も持たず外に出た
橙色(だいだいいろ)の朝焼けが見えた

震えている心で 何もかもを壊しても
傷ついた物は直せない 生きている限り


降り出していた雨が止んだ
何も持たず外に出た
大きな虹の架け橋が見えた

大人になった自分が とても小さく思えた
俯(うつむ)けばそこに 空色を映す水溜(みずた)まり


震えている心で 何もかもを壊しても
傷ついた物は直せない 生きている限り

大人になった自分が とても小さく思えた
俯けばそこに 空色を映す水溜まり
タグ : [ 編集 ]

2 Comments

daaaakawadaaaakawa
2020/07/19
大人になることを良しとするのか?悪しとするのか?
そんな葛藤が見えた気がしました
Xylitol_sswXylitol_ssw
2020/07/19
daaaakawaさん、コメントありがとうございます。

ちょうど、二十歳の誕生日の前に熊本で震災が起きたこともあり、不穏な幕開けから始まった気がしたので、1番の内容が少し重たいものとなっています。

大人になっても、自分自身の中身はさほど変わらないのだと、今では思います。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録