新規登録 ログイン
歴史的経緯をもって揶揄の限りを尽くしたはずの民たちが、迷うことなくその揶揄の通りに蛮行を犯し続けた果てに我に帰ると死体の山積みと土地の荒廃が与えられたという歌
Jy_akg2nn 投稿 - 4週間と1日前 更新 - 4週間と1日前 0 Comments 40 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
悲劇のストーリーを約束する 目の内
病理を受けた 数多くのリズムだけへ
頑強にも 感傷にも 微笑ましいほどの感謝

奪い 売る傘に 静かに鳴る怒号

隣人の愛で 巡礼の進軍
望まぬおぞましき 望ましいを歌わば
得の子 縊って 自害を望む

非業の死さえも約束を通らず
近眼の愛で 静かに鳴る 喉笛の絨毯


臨まずにひとりで何が成る 脳の内
狂気を感じた 数足らずのリズムだけに
弾丸でも 感さえも でもない 程なくして埋め尽くす血

歌い 奮う加護に 沈む他なく泣き止まぬ
奪い 売る傘に 静かに鳴る怒号

隣人の愛で 巡礼の進軍
望まぬおぞましき 望ましいを歌わば
得の子 縊って 自害を望む

歌い 奮う加護に 沈む他なく泣き止まぬ
ガランバの蛮行よ 夜は誰のために 嗚呼
タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録