新規登録 ログイン
時代の詩
Jy_akg2nn 投稿 - 2週間と1日前 更新 - 2週間と1日前 0 Comments 27 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
片言に時代を述べてみれば 薄気味悪く秘匿なことで
労々につぐ労々で たらい回しされてゆく
ジダイに疲れたよ 子どもたちが大人ぶってる
次第に繋がれた手を 暫し誰かの手を借りては
僕の手だと嘘をついた

ジダイに疲れたよ 子どもたちが大人ぶってもね
死にゆく大人には 敵わないよ怖気付いちゃうね
心と体は嘘を信じれないから

ジダイ 苦しむ姿が描かれただけなの
欲しいままにしてしまう 頭を殺してしまうの
たったそれだけ たったそれだけ わたしたちに残されたジダイ
どんなジダイですか どんなジダイだったのですか

口々に秘密のように 「苦しみ」 だけと嘘をついた


片言に時代を述べてみれば 薄気味悪く秘匿なことで
労々につぐ労々で たらい回しされてゆく
ジダイに流されたよ 誰大人が誰風を吹かしてるよ
仕方なしに繋いだ手から 堅く握らてた拳が眠ってる
勝鬨だと嘘をついた

ジダイ 苦しむ姿が描かれただけなの
欲しいままにしてしまう 頭を殺してしまうの
たったそれだけ たったそれだけ わたしたちに残されたジダイ
どんなジダイですか どんなジダイだったのですか

ジダイ 苦しむ姿が描かれただけなの
欲しいままにしてしまう 頭を殺してしまうの
たったそれだけ たったそれだけ わたしたちに残されたジダイ
どんなジダイですか どんなジダイだったのですか

そのジダイたちよ 私たちが知り得なかった
熱きジダイたちよ その人生を語ってはくれませんか

たった零れるその言葉を 私たちに聞かせてくれませんか
タグ : [ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録