新規登録 ログイン
宜しくお願い致します。
fukuzou3382sura 投稿 - 3週間と4日前 更新 - 2週間と1日前 8 Comments 200 Views
good投票
momoniku0422moonlightsabrina_no_hanakayumatamayama3
雨がしとしと降る夜は
トタンの屋根から子守唄
葉っぱの雨宿りに飽きて
蛙がポチャリと飛び込んだ

夜の帳の優しさは
現場の傷さえ綻んで
屋台の親父も夢うつつ
俺ぁカラスが鳴くまで
帰らない

あんなにあの子が愛しくて
通い詰めていたあの店も
流行りの騒ぎに巻き込まれ
あの娘もろとも消えちゃった


雨がしとしと降る夜は
夢の続きの子守唄
この世の名残と騒いでる
蛙がポチャリと飛び込んだ

夢の途中で引き返す
破れかぶれの儚さよ
だから故郷は遠いのさ
俺ぁカラスが鳴くまで
帰らない

タグ :
[ 編集 ]

8 Comments

fukuzou3382surafukuzou3382sura
3週間と1日前
kayumaさん、玉山さん、評価有難うございます
fukuzou3382surafukuzou3382sura
2週間と6日前
サブリナの鼻さん、評価ありがとうございます。
moonlightmoonlight
2週間と5日前
群青堂で「俺ぁ」という歌詞を初めて見た気がします
なんかぐっとそれに引き込まれるようで新鮮です!
fukuzou3382surafukuzou3382sura
2週間と5日前
月夜さん、評価とコメントありがとうございます。
「俺ぁ」は、主人公の言葉癖を想像して書きました
目にとめて頂いて嬉しいです。
somedaysomeday
2週間と3日前
タイトルがこれでもか!って感じで、後からグイグイきますね^^

構成の妙でしょうか・・勉強させていただきました<m(__)m>
fukuzou3382surafukuzou3382sura
2週間と3日前
somedayさん、コメントありがとうございます。
「帰らない」という言葉に郷愁や切なさ、儚さを感じて書きました
momoniku0422momoniku0422
2週間と1日前
童謡のような歌謡のようなノスタルジーを感じました。素敵な詞ですね。
fukuzou3382surafukuzou3382sura
2週間と1日前
ミルク工場長さん、評価とコメント有難うございます
虚無感や郷愁などをしとしと降り続く雨になぞらえました
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録