新規登録 ログイン
うまくいかないときの方が好きは募る一方だった
mizumizu 投稿 - 2020/06/19 更新 - 3週間と6日前 3 Comments 131 Views
good投票
tamayama3

寄せては返す波になりたかった
記憶は砂のように慣らされていった
貝殻を拾い集めるように
女々しくその美しさに縋った
いつか消えてしまうから
愛しく思えるはずだって
期待と思惑の波間をただよった
ただよった

どちらか一方に流されてしまいたかった
潮騒の音がやけに響いた
きみは何を思う
ねぇ
言葉にならない言葉が浮かんでは
次の瞬間にまた笑った
優しさを勘違いした
その表情


愛や恋だと諭したら
妙に納得してしまった
うまくいかないときの方が
好きは募る一方だった
そうやってまた振り返って
間違いばかりを掬った
あぁ、美化してたんだ



間違えてしまったら直すのが定説
でも、気持ちはそれほど慣れもしないね
夕闇にそっと紛れ込むように
風の便りを聴いている

『どちらか一方に流されてしまいたかった
どちらか一方が正しければ良かった』

きみは何を思う

ねぇ、僕は何を


愛や恋だと諭しても
ひょっとしたら、なんて思ってた
うまくいかないことの方が
多いのが人生って知っていた
そうやってまた繰り返して
季節を慮っては
あぁ、好きでいたかった

愛や恋だと諭したら
妙に納得してしまった
うまくいかないときの方が
好きは募る一方だった
そうやってまた振り返って
間違いばかりを掬った
あぁ、美化してたんだ

あぁ、好きでいたかったんだ






タグ :
[ 編集 ]

3 Comments

mizumizumizumizu
1月前
玉山さん
goodありがとうございます!
kayumakayuma
4週間と1日前
好きでいたいという気持ちこそが、幸せですね。
mizumizumizumizu
3週間と6日前
kayumaさん
ありがとうございます。
大事ですよね、好きって気持ち。。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録