新規登録 ログイン
。。。
mizumizu 投稿 - 2020/05/18 更新 - 2020/07/04 4 Comments 186 Views
good投票
tamayama3orange30manbou0502


みんな何かを演じてる

みんな何かに期待してる

憧れや憂いに擬態して

影を潜めている

照らされた表舞台

私が私を全うする為

薄氷を履むような感覚と

浅い呼吸



誰かが感じた痛みを、

知る由もない哀しみを、

抱いたことのない恋心を、

知らない味を覚えていく。



みんな何かを演じてる

分かったふりしちゃってる

私の意志は宙を舞う

言葉を纏って、影を縫う

それはまるで誰かのようで

誰でもない私だという



照らされた表舞台

知らない幕開け












タグ :
[ 編集 ]

4 Comments

manbou0502manbou0502
2020/05/18
タイトルのミズさんっぽさがすごい!!笑
普遍的×詩的×ロマンチックなタイトル持ってくるのうますぎです!

そんでタイトルのハードルをひょいと超えてくる内容。
影絵の擬態をこういう葛藤と照らし合わせられるとは…
底が知れませんね
SakSak
2020/05/23
こんにちは。

影として表現する絵に、人の心が重なると、人の心にある影とリンクする。
表現に深みがあるからこそ感じられるんだなぁと思うので、mizuさんの表現力の高さが表れていると
思いました。
mizumizumizumizu
2020/05/24
マンボウさん
Sakさん
ありがとうございます。

タイトルっぽいタイトル探してたら良いの見つけました笑
歌詞は色々試行錯誤したんですが、これが一番影絵っぽいなぁという感じで、表面的な部分と裏側の感じを上手く表現できていたら幸いです。

『影として表現する絵に、人の心が重なると、人の心にある影とリンクする。』
このSakさんの言葉遣いすごい好きです、自分では至らなかった表現をしてくれている感じがしました。うれしいです。ありがとうございます。
mizumizumizumizu
2020/07/04
こちらも玉山さん
goodありがとうございます!
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録