新規登録 ログイン
随分と背伸びをした歌詞になりました… (破れる=われる 途切れ間=とぎれま 穢れて=けがれて)
sabrina_no_hana 投稿 - 1週間と1日前 更新 - 6日と4時間前 4 Comments 84 Views
good投票
fukuzou3382suratamayama3
朝日は熟れて色を変えて 午後に落ちてく甘い香り
深く深くゆったりと沈んで 底で燃えあがれ

ああ
空が破れるほど 静寂が吼えるけど
怖がらないで
幽かなあなたと 幽かなわたしだけど
恐れないでいて
手をひいて連れていって 向こう側へ

互いの言葉の途切れ間に
妖かしを遊ぶ愚かさを
互いに笑う そんなときもある
「近くで見るどんな悲劇も
遠くで見れば喜劇になる」と
誰かが言っていた
そんなことどうでもいいや、今だけは。
ただもう少しだけ あともう少しだけ
ここに居させて 幼き幻に埋もれさせて

ああ
愛を語るということは
野暮であるということを
また、気付かせて
小さな頃をおもいかえしながら
いまは気高く穢れていることを
また、感じさせて

朝日は熟れて色を変えて 午後に落ちてく甘い香り
深く深くゆったりと沈んで 底で燃えあがれ
底で燃えあがれ
タグ : [ 編集 ]

4 Comments

tamayama3tamayama3
6日と11時間前
「気高く穢れている」「底で燃えあがれ」素敵な表現だなぁ。

意図とはズレると思いますが、この詞を読んでいて何故か走馬灯はこんな風なのかなぁと思い巡らしたり。
もし人生を閉ざす時に少しの「間」が与えられて、この詞のような心持ちで終われればいいな、なんて思いました。
sabrina_no_hanasabrina_no_hana
6日と6時間前
tamayama3さん
コメント&good有難うございます!

玉山さんのコメントにはいつもハッとさせられます笑
いかに自分が、常に死を意識しているか。再確認できます!
やはり、人と人との恋愛観を書いたとしても
そこにあるのは僕なりの死生観なのかも知れません。
そして見事に、そこを突いてくる玉山さん、恐るべし!!笑
fukuzou3382surafukuzou3382sura
6日と5時間前
成熟した詞に思えます
とても好みでしたので、コメントさせて頂きました
サブリナの鼻さんのまた違う一面は、私にとって、すごく魅力的なものでした。
sabrina_no_hanasabrina_no_hana
6日と4時間前
fukuzou3382suraさん
コメント&good有難うございます!

成熟(したふり)させてもらいました笑
とても好み、魅力的、と言って頂けるなんて…
身に余るお言葉です!(--;)
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録

News

RSS